コーヒーインストラクター2級検定に挑戦します!/受験申し込みしました!

in-post-ads

今年はコーヒーインストラクター検定に挑戦したいと思います。

というわけで、まずどんな試験なのかを調べました。

コーヒーインストラクター2級検定ってどんな試験?何の役に立つの?

全日本コーヒー商工組合連合会(JCQA)が主催するコーヒーに関する資格検定です。

基礎的なコーヒーの知識と鑑定技術。

コーヒーを飲むだけでなく詳しく勉強したい方を対象にした資格で、コーヒーの対面販売に従事する方に求められる基礎的な知識・鑑定技術を習得した方を認定いたします。

コーヒーインストラクター – JCQA

何の役に立つの?という質問に答えるのは難しいです。

コーヒーの販売店に転職するのに、もしかしたら役に立つ、かも知れない程度の実用性です。

試験としては、実技と学科があります。実技の前に、実技講習があります。

講習+実技・学科試験となります。

話によると合格率は大体八割といったところ。

……2割に入ったらどうしよう。

どうやって受験するの?

JCQAの公式サイトから申し込みます。

コーヒーインストラクター2級検定、2020年は、1月7日から21日までの間に申し込みます。

公式サイトの「お申し込みはこちら」もしくは「個人受験」を押すとこの画面になります。

インターネットで申し込みをしました!

インターネットを押すと、条文と同意の画面になります。

「はい」にチェックをいれて「次へ」を選択

フォームに入力して、「確認」を選択。ちなみに、受験会場は第一から第三希望までを選びます。日程もこちらに入っているので、どの日程と会場を選ぶかよく考えましょう!

所属団体は、5.の1~4に該当しない一般の方、を選びます。大抵の人は、5.だと思います。

そうすると、確認画面がでるので、申し込みボタンを押します。画像は取り忘れました!

これで終わりです。

無事申し込みが終わると、メールが来ます。

注意点としては、この時点としては、まだ申し込みが受理されただけであって、受験ができるというわけではないということです。

受験申し込み者が多かった場合、抽選で選ばれることになるようです。

2級だから大丈夫!と思いたい……。ちなみに、上位ランクのコーヒー鑑定士だと、特定企業関係者じゃないとなかなか受験ができないとかいう話を昔聞いたことがあります。どこまで本当かわからないけどね……。