最近流行りのニトロブリューって?

in-post-ads

ああ!

というわけで、最近、スターバックスや、マックカフェバイバリスタでも飲めるようになって、ブームになっているのでは?と思われるニトロブリューについて解説していきます。

ニトロブリューコーヒーというのは、抽出するときに窒素をいっそに充填していれるコーヒーです。

窒素ガスが溶け込んでいて、コーヒー液の色が、黒ビールのようになります。

ニトロブリューのコーヒーメーカーKEG STORM nitro cold brew coffeemaker

上の画像がニトロブリューのコーヒーメーカーです。

筐体の大半を占める、ビールサーバー用の樽みたいな部分に、水出しコーヒーをいれて、窒素の入ったカプセルを使って、レバーのついた、ビールサーバーみたいな部分から抽出します。

一言でいうと、ビールサーバーのコーヒー版+一緒に入れているのが炭酸ガスじゃなくて窒素ガス……というものになります。

おまけ:ニトロブリュー体験記

今でこそ、スタバやマックカフェバイバリスタでも飲めるニトロブリューですが、以前は限られた場所でしか飲めませんでした。

そのお店の一つ、VERVE Coffee Roastersへいってときに、ニトロブリューを体験してきました。

ちなみに以前、海外サイトSprudge.comでおすすめされていたのを紹介したことがあります。

というわけで、前回(海外サイトがおすすめする「東京下北沢」のコーヒーの名店8)に引き続き、海外サイト、Sprudge.comがおすすめする、...

これがニトロブリュー。

初見ではカフェラテみたい、と思いましたが、後からみると黒ビールっぽい気もします。黒ビール、そんなに好きじゃないんですけどね。

味の評価としては…………ふしぎな味です。

若干アルコールっぽい雰囲気があります。今まで経験してきたコーヒーの味にあまり適合するものがなくて、うまく表現する言葉が見つかりません。

ただ、面白い味だ、とは思いますが、おいしい、とは正直思いません。正直あんまり好きな味じゃないです。

これから、ニトロブリューは定番として定着するのか、それとも「あんなのもあったよねぇ」で終わるのか、注視していこうと思います。