Makuakeでクラウドファンディングしているポータブル電動コーヒーミル、oceanrichを選んだ自分なりの理由

in-post-ads

先日、クラウドファンディングで資金を募集している、ポータブル電動コーヒーミルを二つご紹介しました。

クラウドファンディングサイトMakuakeにて、HARIOの電動ハンディグラインダーがクラウドファンディング中です。 昔、僕...
回転自動ドリップコーヒーメーカーで話題になった、Oceanrichが今度はポータブルコーヒーミルを開発して、それがクラウドファンディングサ...

HARIOの電動ハンディグラインダーとOceanrichの電動ポータブルコーヒーミルですね。

旅行用にコンパクトなミルが欲しかった

長期の旅行に行くときにコーヒーミルを持って行くんですが、車で行くときはなんとかナイスカットミルを積んで行っていたんですが、ナイスカットミル、大きすぎるし、カタチが独特なので積みにくいんですよね。

そういうわけで、コンパクトなミルが欲しかったのです。

最初はハンドミルを考えていて、以前も紹介したZproか、コマンダンテを考えてました。

しばらくクラウドファンディングネタでいくつか書きたいので、お付き合い下されば幸甚です(笑) 今回は、世界最高峰を謳う(ニッチ分野なの...

高額なので、迷っている間に、クラウドファンディングでコンパクト電動ミルが次々と登場してきました。

そうなると、やっぱり電動ミルがいいなぁと目移りしてきました。

また、5000円前後とコマンダンテやZproに比べると衝動買いしやすい値段(笑)

というわけで、このどっちかに出資することを早々に自分の中で決めました。

Oceanrichの決め手

OceanrichのミルとHARIOのミルの詳しい違いなどは以前の記事を参照してほしいので、ここでは書きません。

自分の中でこっちに決めた理由をざっくり書きます。

分離型より一体型のほうがいい

まったく何の自慢にもならないことだというのは自覚しているんですが、僕は片付けが超苦手で、うっかりするとものをなくしてしまって、どこへいったかわからなくなることがよくあります。

そうなるとですね、HARIOの分離型というのはかなりのリスクを背負い込むことになります。

ええ、まったく何の自慢にもならない……というより、恥ずかしいことですが、電動モーター部分や、ミル部分の片方をなくしてしまって、モーターはあるけどミルがなくて使えない、ミルはあるけど、モーターがなくて手動でしか使えない、ということが起きえます。

それを考えると、一体型のほうが何も考えなくていいので楽だなと。

Oceanrich回転自動コーヒーメーカーも使いたい

今は持ってないんですが、回転自動ドリップコーヒーメーカーも使いたいなと思っています。

というのも、旅行用ということを考えると、これってかなり便利なんじゃないかと思うんですよね。お湯とコーヒー粉入れるだけでいいわけですしね。

かさばるドリッパーとドリップポット、ペーパーフィルターが不要です。

そうなると、旅行のときの荷物を飛躍的に減らせます。

コーヒー豆+ドリッパー+ペーパー+コーヒーミル+ドリップポットが、コーヒー豆+Oceanrichコンパクト電動ミル+Oceanrich回転自動ドリップコーヒーメーカーで済むわけですから。

回転自動ドリップコーヒーメーカーはステンレスフィルターなので、ペーパーいらないんですよね。個人的にステンレスフィルターで淹れたコーヒーはあまり好きじゃないんですが、旅行時の荷物を飛躍的に減らせるというメリットは大きいです。

さらに、Oceanrich製品同士なので、連携性が高いです。

公式サイトより引用

下の粉上を取り外すと、ミルの下部分が直接回転自動ドリップコーヒーメーカーに合体できるようになっています。

これなら、コーヒー豆も粉受けに直接いれればいいのでさらに荷物を減らせそうですね。どれだけの豆が入るのかという問題が発生しますが(笑)

バッテリーの容量は大きな問題にはならない

と思ってます。

旅行するときは、スマートフォン用の充電器や、モバイルバッテリーを持って行っているはずなので、(ちなみに僕は、充電器もモバイルバッテリーが一体化している、AnkerのPowerCoreFusionというものを愛用しています)ミルのバッテリーがそんなに持たなくても問題はないかなと思います。

モバイルバッテリーで充電しながら挽けたら楽なんだけど無理そうだなあ。

そんなわけで

もしコンパクトの電動コーヒーミルを探している方がいたら、この記事を参考にしてくれればうれしいです。

クラウドファンディングの出資は自己責任で。