自家焙煎の老舗が培ってきたもの。名古屋市千種区のペギー珈琲店を紹介します!

in-post-ads

今回は、名古屋の自家焙煎店の中でも、特に高名な、名古屋市千種区にあるペギー珈琲店さんの本店へ行ってきました。

僕がわざわざ書かなくてもいいんじゃないかってくらい、有名ですね。というか、ここで書いているお店の大半はそんなお店のような気がします。

それはともかくとして、このペギー珈琲店さん、とても有名なお店です。

名古屋の自家焙煎店で御三家を決めろ、といえば、確実に候補には入ってくるでしょう。(ほかは、天白区のきりょうかんさん、あと一枠は結構別れるとは思いますが、個人的には中川区のジムランコーヒーさんを推したいと思います)

そんな自家焙煎の名店へ行ってきました。

このお店のここがすごい

  • とにかくおいしい、こだわりのコーヒー
  • レアチーズケーキがおいしい(何のブログなのか
  • ストレートコーヒーの種類が多い
  • 器具がたくさん売っている

訪問記

駐車場にクルマを止めるまでが一苦労(笑)

ちなみに、すぐそばの道路(手前側)はかなり交通量が多いです。

これは無理(笑)

ちなみに、もう少し北側へ行ったところに、契約駐車場があります。こちらに止めるのが良さそうです。

それに気づかなかったので、そのさらに先にあるコインパーキングに駐車。

そこから歩いていくと、お店があります。

これは角の部分なので、左側へいった先に入口があります

実は、ペギー珈琲さん、お店を改装する前にも、来たことがあるのですが、あまりに雰囲気が変わっていたので、少しびっくりです。

以前は、昔ながらの喫茶店といった感じの雰囲気があったんですが、モダンですっきりした感じになりました。

お店に入ると、奥にでっかい焙煎機が見えます。

一応喫茶コーナーもありますが、どっちかというと、豆売りがメインなんでしょうか?
喫茶コーナー、小さいテーブルが4つで、8席しかないですしね……。

今回は、インド カラディアン農園をいただきました。

インド・カラディアン農園
見たことないインドのコーヒー!

ちなみにこれにした理由は、インドのコーヒーが珍しかったからです。

むしろ、生産していることすら知らなかったです。

どうしても、インド=紅茶の産地、というイメージですしね……。マイルドかつシルキーな感じ、苦味と酸味のバランスがよくて、最後の甘さの余韻が印象的でした。

何か一つの要素が突出した「酸のコーヒー」「苦のコーヒー」というよりは、バランス型の飲みやすいコーヒーといった感じ。

それと、有名?なレアチーズケーキもいただきました。

スポンジがなくてりんごのソースがかかっている。

スポンジがないのにびっくり(笑)

チーズがなめらかで、甘さと酸味が複雑に絡み合って、そうでありながら、アッサリしていておいしいです。りんごソースがかかっていて、それと組み合わせて食べると、チーズとりんごの方向性の違う酸味が重なり合って、おもしろい味がします。

コーヒーによくあう、コーヒーを引き立てる味っていう感じですね。

自家焙煎の老舗は、外見がモダンに変わっても、その中身、味にたいするこだわりの部分はかわらない、そう思います。

ほんの少し、気をつけて見てみれば、長い間に培ってきたもの、そういうものの凄みを感じ取れる。そんなお店です。

店舗情報

店名:ペギー珈琲店本店
電話:052-722-9726
時間:10:00-19:00
休日:水曜日
禁煙:
駐車場:1台+5台
公式サイトURL:http://www.peggy.co.jp/index.html
最寄駅:名古屋市営地下鉄鶴舞線「池下」駅徒歩9分
コーヒー以外のメニュー:ケーキ、トースト
ドリップ方式:カリタ台形
エスプレッソメニュー:
カフェインレスコーヒー:有
豆売り:有(100g360円~1500円)
豆売りはブレンド種類とストレート種類