モノを捨てるのは大変だなあって話

in-post-ads

最近、3ヶ月ぐらい遅れの大掃除をしています。

そのせいで、わりと睡眠不足になってます(笑)

大量のどこか懐かしい、もはや必要ないゴミが大量に出てくるんですが、根が優柔不断なのでなかなか捨てられないんですよねー。コンマリしたい。

誰かが言っていたと思うのですが、モノを捨てるって、それに付随する思い出ごと捨てるので、一種の自傷行為って考え方をすごく実感してます。

物持ちがいいのか、ただ単に片付けをしてなかっただけなのか、ものすごく昔のものがぽんぽん出てきます。

ゲームボーイアドバンスとか、ポケモン金銀とか、大量のフロッピーディスクとか。

……って年がなんとなくバレそう。

フロッピー一度読み込んでみてから捨てたいよなあとは思いますが、フロッピードライブがない!……どっかにUSB(しかも1.0接続)のフロッピードライブがあった気がするんですが、どこにいったかな……(←片付けができない人)

ウイスキーの空瓶が一杯あるんですが、ウイスキーの空瓶ってなんか捨てる気にならないんですよね。なんでか。

フイルム時代の写真がいっぱいバラで出てきたり(アルバムにいれるほどの量でもない)、さすがに昔の写真は捨てる気にはあんまりならないし……デジタルになってからは、一切写真印刷しなくなったんですよね。タブレットなりPCなりで見ればいいから。フイルム時代の写真どうするのか考えないとなあ……。

未使用の大量のノートとかも処分に困る……捨てればいいんだけど、まっさらなノートを捨てるのはあまりにももったいない。だからといって使うわけでもないから、余計に困る。あと本体がないボールペンの替え芯とか。本体が行方不明だから使いたくても使えない……。

連日連夜部屋の片付けを少しずつ進めているんですが、何故部屋は散らかるのだろうと謎の哲学的な考え方にとりつかれてきました。しんどいよね。

部屋の片付けはサボりとおしたらまずいよなあって思いました。毎年コツコツ整理整頓しておいたほうがいいよね。うん。