キーコーヒーが創業100周年記念で、記念商品が一杯出るよ!

in-post-ads

キーコーヒー創業100周年サイト

創業100周年記念商品ということで5種類の商品が出ます

レギュラーコーヒーのブレンドが2種類カフェオレベース(限定パッケージ)ドリップパックの限定デザイン(DRIP ONブランドの4種類でドリッパーが限定パッケージに)、そして、キーコーヒー初?のコーヒーリキュールがでます。

コーヒーリキュールに関しては日経新聞に記事が出ていました。

キーコーヒー、初のコーヒーリキュール 創業100周年で

キーコーヒーは同社初のアルコール飲料となるコーヒーリキュール「繁栄鍵(はんえいけん)」を11日に発売する。創業100周年を記念した商品で、500本の数量限定商品。コクと華やかな香りが特徴だという。日中だけでなく、夜にもコーヒーを楽しめる商品として販売する。

とのことです。

コーヒーリキュールに関しては、公式サイトもあります。

公式ニュースリリース

公式販売サイト

アラビカ種のコーヒー豆を100%使用したコーヒーに、カカオマス、オレンジピール、シナモンなどを加えることで濃厚なコクと華やかな風味を生み出しました。さらに、アルコール度数を27%に設定し、キレのある後味に仕上げています。ストレートでももちろん、ミルクやトニックでアレンジするなど、さまざまなバリエーションも楽しめます。

 パッケージは、お祝い事に使用される「水引き」をモチーフに、ゴールドをあしらうことで上質感を表現しました。さらに、鍵のマークをデザインすることで“次の時代への扉を自らの手で開けてほしい”という願いを込めました。

出典:キーコーヒー公式ニュースリリース2020/03/04

価格は5500円(税込み)で限定500本!秒殺されそう。そして転売されそう(笑)

買えたら買ってみようかな?

創業100周年記念ブレンドSINCEシリーズ公式サイト

SINCE1920(Blend No.100)とSINCE2020(Blend no.200)という2種類の商品があります。

SINCE1920はブラジル、コロンビアを中心とした浅煎りのブレンド。

SINCE2020はエチオピアモカを中心とした深煎りのブレンド。

昔は、深煎りよりも浅煎りのほうが主流だった(最近また浅煎りが来ているけど)ので、時代の移り変わりを感じることの出来る2種類の対照的な商品ですね。

名古屋人らしく深煎り好きなので、飲みたいのはSINCE2020のほうかなー。

問題は、SINCE1920のほうは豆で売ってるのに、SINCE2020は粉でしか売ってないところかな……。そういうとこやぞ