面白そうなプロジェクト コーヒー豆の好みを判定する「ホワイトコーヒー」がMakuakeでクラウドファンディング開始

in-post-ads

こんにちは、ゆーへいです。

Makuakeで面白そうなプロジェクトがあったので、紹介してみようと思います。

もう豆選びに困らない!迷わない!コーヒー豆の好み診断キット「ホワイトコーヒー

これは、どういうものかというと、コーヒーの産地などの情報が一切無い三種類の珈琲豆が送られてきます。事前情報一切なしで、どれが美味しかったか選びます。それを2019年4月にリリースされる予定のアプリ上で入力すると、自分のコーヒーの好みを判定することができる。

というものです。

僕のように、日々ひたすら珈琲屋さんを回って、あれでもないこれでもないとコーヒーを飲みまくっていると、なんとなく自分のコーヒーの好みが大体わかってくるわけなんですが、僕のような奇特な人は多分少ないでしょう(笑)

そうなると、なんとなく――とか、僕のような奇特な人のアドバイスを受けて――とかになると、「これは自分には合わない」とは言いづらいし、「コーヒーに詳しい○○さんがいいコーヒーっていってたから、これが美味しいコーヒーってやつなのかな」って感じになったりすることは……なくもないんじゃないでしょうか。

そういう点で、このホワイトコーヒーのプロジェクトは事前情報が一切ないので、先入観抜きにコーヒーの味を感じることができます。

これって、結構大事なことだと思うんですよね。

こんなブログやってるやつが言う台詞じゃないとは思うんですが、現代社会って普通に情報過多だと思います。

情報が多すぎるので、自分の感覚が、周囲の意見や、ネットの情報とかに流されてしまう。コーヒーに限った話ではないですが……自分の感覚、大事だと思います。あえて情報を制限して、自分の感じ取ったことを大事にする、そういう時も必要だと思います。

個人的にはですね。

このプロジェクト、ロングセラーになってほしいんですよね。

というのもですね、僕は思うんですが、コーヒーの好みって年月を経ることで変わってくると思います。

10年以上前、僕が高校生だったとき、僕はケニアが好きでした。ケニアの酸味がすごく好きで、同じように酸味が強い豆が好きでした。と同時に、そのときはマンデリンが嫌いでした。コーヒーの苦みとかコクとか、そういうものがあまり好きじゃなかったんですよね。

10年以上経って、あのときあんまり好きじゃなかったマンデリンは、トップクラスに好きな豆になりました。今もケニアは好きなんですが、昔に比べたらケニア熱は冷めた気がします。

そういうわけで、このプロジェクトがロングセラーになれば、ある程度の年月が経ったときに、改めてもう一度判定してもらうことで、自分のコーヒーの味の好みの変化をはっきりと実感することができると思うんです。

それって、すごく面白いな、と思います。

ちなみに僕も早速支援しています。

1500円から支援可能なので、興味がある方は是非どうぞ。