D2Cサブスクのポストコーヒー(POST COFFEE)のインタビュー見つけた/コーヒーのサブスク、乱立してるね……いつかまとめたい

in-post-ads

以前ポストコーヒーについては記事を書いていました。

iPhoneアプリで注文すると、最短翌日にポストに投函してくれるコーヒー豆のサブスクリプションサービスが登場したようです。 Post...
以前、コーヒー豆のサブスクリプションサービス、PostCoffeeについて書きました。 Techchrunchによると、...

そんなポストコーヒーの経営陣のインタービュー記事がありました。

「テクノロジーで多くの人においしいコーヒーを提供したい」 D2Cコーヒーサブスク「ポストコーヒー」の挑戦(WWD Japan)

下村:僕らが考えるのは“おいしいコーヒー”とはスペシャリティーコーヒー(生産国における栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理が適正に行われ、欠点豆の混入が極めて少ない生豆)のことで、現在その割合は8%ほどだと言われています。なので、まだまだ多くの人が本当においしいコーヒーを飲んだことがないと考えています。ただ僕らの競合相手は「スターバックス(STARBUCKS)」や「タリーズ(TULLY’S)」「ドトール(DOUTOR)」などではなく、「UCC」や「キーコーヒー(KEYCOFFEE)」「AGF」など家庭用だと思っていて、今後はオフィスへの供給もしていければと考えています。

スペシャルティコーヒーを手軽に手に入れられるサービスの競合はUCCやキーコーヒーなどの既存の家庭用コーヒーを作っているメーカーというのは僕には思いつかなかった視点ですごく興味深いです。

ただ、UCCやキーコーヒーもなにげにスペシャルティへの注力をしているんですよね。もちろん、上手くいっているとは思いませんが。

この分野が儲かる!っていうのはみんなわかっていることだから、レッドオーシャンでしょう。とはいえ、消費者目線としては、競争してガンガンいいサービスを提供してくれれば、とても喜ばしいことなのですが。

最後のほうに、snaq.meに興味があると言ってましたが、僕もsnaq.meには興味ありますw

snaq.meにはある意味コーヒーとのマリアージュ抜群なので、コラボが実現したらかなり影響はあると思います、お互いに。

それにしても、コーヒーのサブスクは最近かなり盛り上がってきてますよね。

UCCもコーヒーのサブスクを始めています。

UCCのコーヒーサブスクリプション(定期購買)サービス 「My COFFEE お届け便」を、3月26日(火)より提供開始

以前紹介したホワイトコーヒーもサブスクをしています。

https://white-coffee.jp/odyssey.html

Panasonicのthe roastも一種のサブスクサービスと言えるでしょう。

サブスクリプションは、利用者を集めてしまえば、キャッシュフローが安定しやすいサービスなので、提供者サイドからみるとメリットが大きいです。

そのため、いろいろなところがいろいろなサービスを提供し始めていますね。

一度全部飲んでみてまとめてみたいなあという願望はあります。やるかどうかは不明ですw

ちなみに、個人的に一番気になっているのは、SLURPというフィンランドのロースターから直送してくれるサービスです。

日本に届く頃には劣化激しそうだけどw