コーヒー豆のサブスクリプション「PostCoffee」

in-post-ads

iPhoneアプリで注文すると、最短翌日にポストに投函してくれるコーヒー豆のサブスクリプションサービスが登場したようです。

PostCoffee

コーヒー豆のサブスク「PostCoffee」のiOSアプリ登場、最短翌日にポスト投函

どういうサービスなのか

スマートフォンのアプリ(現状iPhoneのみ)から注文すると、最短で翌日には郵便受けにコーヒー豆を投函してくれる、というサービスです。

ポストへの投函なので、再配達などの面倒なことがありません。

今はまだありませんが、どういうコーヒー豆がいいかAIが相談に乗ってくれるAIバリスタというサービスも準備しているようです。

月額無料のFreeプランと、月額1280円のMonthlyプランがあり、Freeプランだと、一回配送あたり280円の送料がかかります。

Monthlyプランだと、注文時の送料が無料になり、毎月1パッケージ(150g)のコーヒー豆が送られてきます。

最初の3000名限定ですが、Monthlyプランだと、飲み比べスターターキットが無料でもらえます。

メリットとデメリット

メリットとしては、楽なことですかね。

アプリから購入なので、普通に通販サイトで買うより手軽です。買いに行くのに比べたら余計に、ですね。

ポスト投函なので受け取りの手間がありません。

デメリットとしては、ポスト投函そのものですね。

冬ならいいんですが、夏だとポストの中が高温になって、コーヒー豆の劣化を早めてしまう可能性があります。

まぁそうはいっても、夏場コーヒー豆をクール便で配送してくれるような通販サイトはないんで、どうしようもないことなんですけどね……。熱がいっぱい加わるのが嫌っていうなら、自家焙煎店に買いに行くしかないです。

あとは、Androidアプリがないので、iPhone限定になることです。

コーヒー豆のラインナップ

コーヒー豆のラインナップは現状、シングルオリジン8種類とブレンドが1種類です。

  • エチオピアゲデブ
  • エチオピアコンガ
  • ケニアキアンジュキ
  • コロンビアポルヴェニール
  • コスタリカカンデリージャ
  • ポストコーヒーブレンド
  • グァテマララフォリー
  • ブラジルセラード
  • ベトナムローラン

値段はすべて150g1280円です。

ポイントは押さえてあると思います。ベトナムのコーヒーがあるのが個人的には面白いかなぁと思います。

もっと種類が増えると楽しいかなぁとは思いますが、焙煎のこととかを考えると難しいかも知れませんね。

まとめ

面白いサービスだとは思います。

送られてくるコーヒー豆の品質次第かなぁという気はします。

150g1280円はそんなに安い値段ではないので、手軽に買えるというところに重点を置くならいいかな、ってところでしょうか。