渋谷発のローステッドカフェがラシックに8月15日オープン

in-post-ads

実のところ、あまり栄には行かないのですが、栄にあるラシックに、今年のお盆、8月15日に渋谷発のロースタリーカフェ/Roasted COFFEE LABORATORYがオープンするようです。

名古屋ラシックの店舗で焙煎するかはわかりませんが――地下一階のフードコーナーにオープンするとのことなので、店内での焙煎はないでしょう――なかなか期待の持てるニュースだと思います。

名古屋ラシック店では、限定メニューが多数ラインナップ。ドリンクメニュー「コーヒーフロート」は、シグネチャーブレンドである「ローステッドブレンド」に、ソフトクリーム大胆にトッピングし、どこか懐かしくも斬新なビジュアルに仕上げました。その他、シュークリームとマシュマロを掛け合わせた新食感スイーツ「マシュマロシュー」が登場。名古屋ならではの喫茶文化を融合したメニューラインナップと、Roasted COFFEE LABORATORYらしいストリートテイストの内装を通して、新たなコーヒーブレイクシーンを提案します。

渋谷発、“今”を編集するコーヒーショップが東海エリア初出店!「Roasted COFFEE LABORATORY」名古屋ラシック店 8月15日(木)グランドオープン

メニューなどの雰囲気を見ると、サードウェーブ系っぽい感じです。

プアオーバー――要するにドリップと、水出し、エスプレッソがあります。

エスプレッソ系のアレンジメニューや、紅茶、珍しいところでは、コーヒーシェイクもあるようです。

エスプレッソのところに、レッドアイと書いてあるんですが、ブラックドラゴンでしょうか?(違います)

あ、わかった。ヤバい薬だ。コカインとかで、目が充血して真っ赤に!(当たらずも遠からずです)

トマトジュースとビールのカクテルじゃなかったっけ?なんでエスプレッソメニューのところに?

ドリップコーヒーにエスプレッソワンショット(20-30ml)追加

という飲み物です。

そんなんあるの!?初めて知った……。

発祥はアメリカ。ロサンゼルスやニューヨークで徹夜仕事をする多忙なビジネスマンが、少しでも多くのカフェインをとるために作られました。レッドアイという表現の由来は、カフェインの量が通常のコーヒーより多くて、目が赤く充血するくらい、目が覚める、というものです。やっぱりヤバい薬なのでは。

ショットの量によって、アレンジがあり、2ショットでブラックアイ、3ショットでデッドアイというようです。

店舗によってオリジナルメニューがあるようですが、名古屋のそれは、コーヒーフロート。アイスコーヒーの上にソフトクリームをトッピング!

コメダに似たようなのがありますね。あれは、クリームソーダとアイスココアですけど。個人的には、コメダのソフトクリームがのっているアイスココア好きです。べたべた甘いので、大概金のアイスコーヒーで、滅多に頼むことはありませんが……。

あとはマシュマロケーキとシフォンサンド――まぁコーヒー以外はどうでもいいや。

機会があれば、是非一度訪れようと思います。

Roasted COFFEE LABORATORY公式サイト