陶器でできたコンパクトネルドリッパーがMakuakeにてクラウドファンディング中

in-post-ads

一番おいしくコーヒーをいれられる方法とは何か。

異論はいろいろあると承知していますが、僕はネルドリップこそが最高だと確信しています。

じゃあ、なんでネルドリップじゃなくてペーパーで抽出しているのか。

最大の難点は手間です。

ネルは常に水につけて保管しておかなくてはなりません。(冷凍すればいいんですが)

ネルドリップ用のサーバー(ひょうたん型をしているもの)はとにかく大きくて保管や洗浄がすごく手間です。保管の場所もとります。

とにかく、手間がかかるのが、ネルドリップ最大の難点です。

ではそれらを解決できそうな方法はないものか?

その鍵になりそうな、愛知県/岐阜県コラボによるコンパクトなネルドリッパーがクラウドファンディングサイトMakuakeにてクラウドファンディング中です。

このドリッパーがすごいのは、蓋がそのままネルフィルターの受け皿になること、さらに、ネルフィルターを固定するネル枠、抽出したコーヒーを飲むためのカップが一体化しており、保管のスペースを極限まで抑えることができることにあります。

上記公式サイトより引用

一人用しか使えないという欠点はありますが、それを補って余りあるメリットがこの一体構造にはあります。

このフィルターは、名古屋は大須にある丸太衣料株式会社というところが作ったネルフィルター専用の繊維でできており、ネルドリップに最適化されています。

このドリッパーとカップは、岐阜県土岐市にある陶器工房が手作りで焼いてくれるこだわりの逸品です。

ちなみに、Makuakeでのクラウドファンディング限定で、蓋(受け皿)がウォールナット製のバージョンもあります。

このお洒落ぶりは是非公式サイトで確認して欲しいです。

スピールのデザインにあたって、私はこれまでのネルドリップのイメージから脱して、もっと身近で暮らしに取り入れやすいものにしたいと想いを込めて制作してきました。
コーヒーの楽しみ方や文化はご承知の通りとても広く複雑で、なんとなく飲んでいる方から自分なりの楽しみ方を持っている方まで、コーヒーとの付き合いは人それぞれだと思います。私自身もコーヒーは好きでよく飲んでいますが、ネルドリップはなんとなく「プロ用」「難しそう」「大変そう」のようなイメージを持っていました。
一度やってみると味の違いはもちろん、コーヒーの新しい側面に触れられるというか、またペーパードリップとは違う淹れることの楽しさがありました。ただどうしてもズボラな私には「面倒」というのが気になりました。しばらくはやるけど続けられるかな?というのが正直な感想でした。
今はコーヒーを飲もうと思えば簡単な器具はいくらでもありますし、どこでも買えます。こだわろうと思えば高価な豆から立派な器具までたくさんあります。でもスピールはそのどちらにも似せたくありませんでした。暮らしの中でのバランス、実用性だけじゃなく趣向性だけでもなく、取り入れやすいけど生活に張りを与えるアクセントになる。ネルドリップの良さは表現しながらもバランスの取れた道具に出来ないか。スピールはそんな模索の結果です。

上記公式サイト

プロジェクトの実行者の方がおっしゃるように、ネルドリップがもっと身近になって、普及するといいなーと思います。

クラウドファンディングは自己責任で。