予算別コーヒー入門セットを考える(ドリップ編)(~10000円)

in-post-ads

コーヒーを始めたいけど、どんな道具を揃えれば良いのかわからない!という人のために珈琲入門セットを考えてみます。

~3000円編

こんな組み合わせで行こうと思います。

  • パール金属HB-2349 ステンレスドリップポット1.1L(1000円)
  • ハリオV60ドリッパー02(500円)
  • ダイソーコーヒーミル(500円)
  • ハリオV60コーヒーサーバー450(1000円)



この3つです。

ハリオV60の円錐ドリッパーは定番中の定番ですね。

大きすぎず小さすぎず中間サイズの02をセレクト。

それに合わせてサーバーもハリオのV60用のサーバーにしました。

まぁ、サーバーは普段いれる容量と同じくらいの容量にしておくのが、使いやすいのですが、サイズは適当ですw

個人的に「うーん」ってなってるのはドリップポット。

パール金属のHB-2349ってやつにしたんですが、注ぎ口のカタチがお世辞にも使いやすいようには見えないんですよね……。

とはいえ、予算的にこれ以上のものは買いにくい……。

もう少し予算を足して5000円にした方がいいと思います。

ドリッパーは定番のハリオのものにしましたが、メリタやカリタが好き!という方はそっちにしてもいいです。どちらにしても値段は同じぐらいなので。

~5000円

~3000円編をベースにして、予算内で器具をよりよいものに置き換えるスタイルになります。

……といっても、ドリッパーやサーバーはこのままで十分なので、ドリップポットを強化するか、コーヒーミルを強化するかということになります。

ドリップポットを強化する!

増えた予算でドリップポットを強化してみましょう。

3000円以内でコーヒードリップポットを買うことになります。

ざっと見た感じこの4択かなーと。





カリタのペリカンポットは細口でお湯を出すのには最適なカタチをしていますが、ホーロー製で重いので、これでドリップを続けるのはちょっとしんどいかも。重くても細口で出したい人向けですね。

ハリオV60にすれば、ミル以外は全部ハリオでそろうのでハリオで揃えたい人向けかな。ポットとしては、この中だとイマイチかなーって思います。

個人的にはKEYUCA DENKドリップポットってやつが、黒くてかっこいいし、使いやすそうな感じで一番いいかなって感じです。

あとは~3000円編と同じ内容です。

コーヒーミルを強化してみる!

3000円で買えるコーヒーミルを探すことになります。

3000円だと、電動コーヒーミルも射程内に入ります。

入ります…………が!

3000円で買える電動コーヒーミルは、ミキサータイプの刃で、性能がひどいので、非推奨です。どうしても3000円で電動コーヒーミルが欲しいというのでなければ、買わないようにしましょう。

3000円の手動コーヒーミルだと、昔はポーレックスのセラミックミルが買えましたが、今は値上げしたせいか買えなくなってます。

ハリオとカリタの手動ミルがいろいろ3000円以下で売っているので、この中から選ぶことになります。

まぁどれをえらんでもたいして性能は変わらないのでデザインとかで適当に選んでいいと思います。


こんなのや


こんなのですね。

ぶっちゃけどれを選んでもたいした違いはないので、デザインの好みでどうぞ。

~10000円編

いきなり額が飛びましたが、個人的に選びやすいからこれにしました。

ドリッパーとサーバーは~3000円編と同じなので、1500円残りの8500円でミルとドリップポットを探すことになります。

電動コーヒーミルに全力を集中!

メリタ パーフェクトタッチIIという電動コーヒーミルが7500円から8000円で買えます。


残りの1000円で、~3000円で紹介したHB-2349を買いましょう。

パーフェクトタッチIIは、コストパフォーマンスという点では最高クラスの逸品です。

どうしても安いミルだと、ミキサータイプの性能がショボいミルになってしまうので、ちゃんと電動臼式のミルを搭載して、ある程度の量が挽けるミルのなかでは安い方だと思います。信頼と実績のメリタブランドだし!

~5000円編のドリップポットとコーヒーミル両方買う

そうすると3000円×2と1500円で合計7500円

若干余りますが、まぁ余るぶんにはいいでしょう!

10000円を若干オーバーすれば、カンペキ?な布陣が組める

  • ハリオV60ドリッパー
  • ハリオV60コーヒーサーバー
  • KEYUCA DENKドリップポット
  • Oceanridch G1電動コーヒーミル

~5000円編のコーヒーミルをOceanrich G1電動コーヒーミルに変更したものになります。


このOceanrichミルはmicroUSBで充電できてコードレスで動きます。

クラウドファンディングで入手して、レビューをしているのでよろしければどうぞ。

というわけで、開封してみました。 開封した中身は以下の通り。 ミル本体に加え、清掃用のブラシ、メジャースプ...
今週はお休みすると書いておいてアレですが、ちょっとニュースが入ってきたので、それについて書こうと思います。 oceanrich自動コ...
以前oceanrichのポータブル電動ミルのレビューを書きました。 そこにこんなコメントがありました(コメントを書かれた...

ハンドドリップにこだわらなければ10000円未満でミル付きコーヒーメーカーが買える

表題の通りです。

めんどくさいのでもう何も貼りません。

なんか結局ハンドドリップってコストパフォーマンスがいいかっていうと言うほどですよね。ミルとドリップポットが高すぎて、それなりのものを買おうと思ったら、結構いいコーヒーメーカーが買えたりするんですよね……。

でも、ハンドドリップにはハンドドリップの楽しみがあります!やっぱり自分でコーヒーを淹れるのって楽しいんですよね。