【コマンダンテを超えるか?】世界最高峰を謳うポータブルハンドコーヒーグラインダーがMakuakeにてクラウドファンディング中

in-post-ads

しばらくクラウドファンディングネタでいくつか書きたいので、お付き合い下されば幸甚です(笑)

今回は、世界最高峰を謳う(ニッチ分野なので、他のに比べれば最高峰を名乗るのは簡単かも)手動グラインダーがMakuakeにてクラウドファンディング中なのを発見しましたので、ご紹介したいと思います。

以下公式サイトより画像引用

世界最高峰の均一粒度でプロの味を手軽に持ち運べるコーヒーグラインダーZpro

台湾のメーカー、1Zpressoと連携した製作したコーヒーグラインダーのようです。

刃はステンレスでカット式、3つのベアリングを使うことで、軸を安定化させて、微粉の発生を抑えると謳っています。

個人的な評価ポイント

粒度調整ダイアルが外側にあることでしょうか、大体、手動ミルは粒度調整は内部で調整する(めんどくさい)ので、外側で調整できるのは手早くて良いと思います。

……といっても、大体同じ粒度でしか挽かない気もするので、そこまで重要かと言われると、ちょっとアレかも知れませんが。

対抗馬になるであろう、ドイツ製のコーヒーグラインダー、コマンダンテは内部での調整になるので、ここは優位なポイントです。

コマンダンテ公式サイトより引用

また、粒度調整ダイアルに目盛りの数字が振ってあるのも、大きなポイントでしょうか。ライバルのコマンダンテの、粒度調整には数字の表記がなく、代わりに図が書いてありますが、同じ粒度に合わせたいときちょっと困ると思います。

逆に難点はあるのか

まず挙げられるのは、実績のなさですね。

コマンダンテはすでにハンドグラインダーで世界最高という評価を得ています。そんなチャンピオンコマンダンテに対しての、チャレンジャーZproは何の実績もありません。何の実績も無いグラインダーに3万円という大金が出せるのか、と言われるとちょっと苦しいですね。個人的にはすごく欲しいですが。

コマンダンテの刃はニトロ・ブレードといわれる特殊な金属が使われています。(これもステンレスなんだろうか?)それに対して、Zproはステンレスです。この差がどうでるのか?

ぶっちゃけ、3万円あるなら、評価が高いコマンダンテを買っておいたほうが、安全なのでは?という気がします。

それと個人の好みによって別れるかと思いますが、デザインですかね。

コマンダンテが木材の暖かみを多用しつつ、ちょっとソリッドに仕上げてレトロフューチャーっぽい感じだとしたら、Zproはひたすらソリッドに磨き上げた、道具感があります。

個人的には甲乙つけがたいです。

短兵急な結論

高性能なハンドミルをまだもってない人は、とりあえず評価の高いコマンダンテでいいのではないでしょうか。

コマンダンテもってて、こっちにも興味がある、という人には言うまでもなく買いです。

コマンダンテもってないけど、こっちのほうがデザインがすき、ということであれば、こっち。

とはいえ、早期購入割引の額もそんなに多くありませんし、急いでクラウドファンディングしなくても、ある程度評価が固まってから、満を持して買いにいっても十分じゃないですかね。すでにプロジェクト自体は目標金額を余裕でクリアしてますし(笑)