コーヒーの味がわからない……

in-post-ads

こんにちは、ゆーへいです。今日はちょっと箸休め的に、エッセイっぽい何かを書いていきたいと思います。

いるかどうかはわからないのですが(多分いない)、このブログをずっと読んでる人には、こいつ、コーヒーの味のレビュー適当だなって思った人もいると思います。というか、書いてる僕自身が「適当なこと書きやがって!」とツッコミながら書いてますし、読み直してます。

なんで、そんなにコーヒーの味のレビューが適当なのかというと、僕自身、コーヒーの味がよくわからないからです。

ここでタイトルの「コーヒーの味がわからない」につながるわけです(笑)

流石にコーヒーの味がまったくわからないということはないです。多少はわかります。……そんなに自信が無いですけど。

じゃあ何がわからないのかというと……。


Floral Fantasy Aroma & Best Refined Taste!
幻想的で華やかな香り・洗練された極上の旨み

フローラルでジャスミンやストロベリーを感じ繊細で複雑な香り。
重厚感のある飲みくちにグレープフルーツのような酸味。
ベリーやパパイヤ、スパークリングをイメージする甘さとコク(ボディ感)。
カモミールやフローラルな香水を想わせる風味が口の中に広がる余韻。

コーヒー問屋 限定品 エチオピア ゲシャ ビレッジ農園 ゲイシャ ナチュラル

このコーヒー飲んでないですけどね、フローラルでジャスミンやストロベリーを感じ、って絶対飲んでもわからないと思う!いや、言われれば「ああ……!」ぐらいの感覚はある(――と思う)んですが、言われないと多分、これを飲んでも「酸味が強いな」「ちょっとコクがあるかも」「独特の香り勝手さっぱりしてる」ぐらいの感想しか絶対出てこないと思うんですよ、僕。

コーヒーの味がわからないっていうのは実のところこういうことだったりします。

よくある「○○のフレーバーが――」みたいな話、ああいうの、小一時間考えても僕は出てきません。せいぜい「酸味がおいしい」とかその辺くらいです。

なので、このブログを書くときとかも実際かなり困ってます。

「おいしいです」ぐらいしか言えないので、かといって、コーヒーブログ的にはそれだとまずいよな、という思いもあって。コメントに困ります。

僕がコーヒー屋さんに行くと、「なんかコーヒーの味にこだわりのある人」みたいに見られるのか、コーヒーの味についてコメントを求められることが結構あるんですが、実は結構困るんですよね。

いや、お店の人からすると「おいしかった」の一言があればいいのであって、別に気取ったコメントはいらないというのはわかってはいます。わかってはいるんですが、いざ聞かれると戸惑ってしまうんですよねー。

うまく自分の感じているものを言葉に変換できなくて、伝えようにも伝えようがないもどかしさのようなものを感じて、言葉に詰まってしまうんですよね。

コーヒーの味って難しい。

味を言葉にするって難しい。

ブログを始めて、いろんなお店を訪問して、コーヒーについて書いて、そうしていると、今までなんとなく感じていた、その難しさに直面しています。

頑張って、ここにしがみついてれば、そのうちわかるようになるのかな。なりたいな。

少しずつでもいいので、進歩していけるように頑張ります。