横浜伊勢佐木町の「珈琲焙煎問屋まめや本舗」に行ってきました!

in-post-ads

こんにちは!

先日の「BUKATSUDO」に続き、横浜伊勢佐木町の「珈琲焙煎問屋まめや本舗」さんに行ってきましたので紹介していきたいと思います!

えー、BUKATSUDOさんと違って、結構わかりやすい場所にあります。

いや、道に迷った話はいい加減引っ張るのをやめます(笑)

いわゆる、小型焙煎機で注文焙煎でコーヒー豆を販売してくれるお店ですね。焙煎について焙煎度等指定することができます。(おすすめの焙煎度で焼いてもらったけど)

このお店のここがすごい!

  • 独自焙煎機で、注文ごとに焙煎してくれる新鮮なコーヒー豆
  • 生豆を見ながらコーヒーを選ぶことができる

この記事を書くために公式サイトを見ていて気づいたんですが、どうやらこのお店が使用している小型の焙煎機はこのお店が独自で開発した、無煙タイプの焙煎機のようです。名前は「まめ吉くん」だそうです(笑)

どうりで見たことがない焙煎機だと思った……。

焙煎機のドラムのなかで踊るコーヒー豆の音と、焙煎されるコーヒーの香り(まぁ実はあまりいい香りではないんですが笑)のなかで、ゆっくりとコーヒーを楽しむことができます。

訪問記

今回は事情があって、最寄り駅の「阪東橋」駅からではなく、「関内」駅から歩きました。

にぎやかな商店街を歩いていくと、ひっそりと(?)お店があります。

中に入ると、左手にカウンターと生豆が並んでいるスペースがあり、そこで注文します。

生豆が並んでいるエリア。ここにある生豆から選ぶ。写真最奥が焙煎機が並んでいる場所

注文するカウンター
ケーキのショーケースもあり、そこからケーキも注文できます。

ハワイコナ(700円)

飲んでみた感じ、焙煎度はちょっと深めかと思います。

ハワイコナは浅煎りか中煎り、みたいなことをよく言われている気がしますが、個人的にはハワイコナの深煎りはすごく好きです。

煎りは深いんですが、ハワイコナの酸味も楽しめて美味しいです。

今回はコーヒー豆も買いました。

この「まめや本舗」さん、すごく生豆の種類が多くて、いろいろと目移りしたんですが、今回はスタンダードな「まめやブレンド」にしました。焙煎度はお勧めらしい「ミディアムハイ」です。

確かにそれぐらいの焙煎度に見えます。

ドリップ中の画像
さすがに注文ごとに焙煎された新鮮なコーヒー豆だけあって膨らみ方が半端ない

ドリップは愛用のメリタ式のアロマフィルターでいきます。

名古屋に帰ってきてからの一発目なのですが、さすがに焙煎されて一日二日なので、粉の膨らみ方がすごかったです。

注文焙煎のいいところは、いつ焙煎された豆なのかがすぐにわかるところですね。もちろん、ちゃんとした自家焙煎店なら、ちゃんと新鮮な豆なんですが、注文ごとに焙煎されていると、それが自分でもしっかりと認識できて、ちょっとうれしいというか、ココロオドル気分になります。

その分、焙煎のときには待ち時間が必要なんですが、コーヒーを飲みながらゆっくりしていればいいわけですし。

さて、手網焙煎とかをしている方はご存知の通り、小さい焙煎機とかだと浅煎りがなかなか難しくて、生焼けになったりとかして嫌な酸味が残ったりすることがありますが、今回の「まめやブレンド」、そういう部分はまったくなく、しっかりとよくできていて、バランスのいい味わいですごく美味しかったです。

店舗情報

店名:珈琲焙煎問屋まめや本舗 伊勢佐木町本店
住所:神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-126
電話:045-242-5526
時間:10:00-19:00
休日:1月1日・2日・3日
駐車場:なし
公式サイトURL:http://www.coffee-mameya.co.jp/
最寄駅:JR「関内」駅徒歩12分、京急「黄金町」駅徒歩7分、市営地下鉄「阪東橋」駅徒歩6分
コーヒー以外のメニュー:ケーキ、サンドイッチ
抽出方式:ドリップ
エスプレッソメニュー:無
カフェインレスコーヒー:有
豆売り:有

※情報は記事執筆時点