一本の保温ボトルと、一杯のコーヒーが、レジャーをもっとファンにする

in-post-ads

最近、土日に外出するときに早起きして、コーヒーをたくさんドリップして、保温ボトルに詰めてから外出しています。

外出先でコーヒーを飲みたいだけなら、別にコンビニコーヒーや缶コーヒーでもいいですし、わざわざ自分でドリップして、保温ボトルに詰めるほどもないです。

ないですが、意識してやるようにしています。

今回は、レジャーには保温ボトルとそれにいれたコーヒーがあると最高に楽しいよ!っていう話をしていきたいと思います。

例えばドライブ。運転中に、良い香りのするおいしいコーヒーが飲めたら、高速道路とかでの長時間ドライブでも集中力を保って、運転に集中することができます!(できる気がするだけです!)

さて、ドライブの先に公園とかに着いたとして、散歩しましょう。

やっぱりおいしいコーヒーがあると、景色も変わってきます。(変わってくる気がするだけです!)

さて、これらの事例を見てもらえばわかるとおり、保温ボトルにおいしいコーヒーをドリップして持ち運ぶことは重要なわけです。

――すいません。ちょっと勢いで押し切ろうと思ったのですが、ちょっと無理がある感じですね。書いてて、自分でも思いました(笑)

でも、外出する!遊びに行く!ってなったときに、準備するのってすごく楽しくないですか?

お弁当つくったりとか、コーヒーいれたりとか、荷物をまとめて鞄にいれたりとか。――お弁当は作ってないけど(笑)

旅行とか行くときだと、ミルや保温ボトルやドリッパーを持って行くのは荷物が増えて、ちょっとアレなんだけど……。

散歩とか、日帰りのドライブとか行くときは、一本の保温ボトルがあると、大分楽しさが変わってくると思います。