Makuakeでクラウドファンディングしている手動ミル「ROK GrinderGC」がガチのマジで欲しい件

in-post-ads

ガチのマジで、このミルが欲しいです。

マジでどうしよっかなーって迷ってます。

思い切ってゴーしちゃおっかなーって思ってます。

高級な手動ミル欲しいんですよね。

コマンダンテとかZproとか

ここが欲しいポイント

第8代ワールド・バリスタ・チャンピオンのJames Hoffmann氏は自身のFacebookで実際にGrinderGCを使用した動画を投稿し、以下のような評価をしています。

“the grounds… are surprisingly fluffy and uniform… I was actually really pretty impressed”.
“豆の挽き具合は… 驚くほどフワフワで均一…かなり感動しました”

(中略)

豆の挽き具合を58ミクロン(=0.058ミリメートル)ごとに正確に調節可能。非常に細かく、かつ正確で再現性がある調節ができる手動ミルはなかなかない。

豆の挽き具合を58ミクロンごとに調節可能らしいです。

58ミクロンごとってすごくないですか?微粉とか超少なそうです(語彙力減少中)

エスプレッソ用で使えそうなほどの極細挽きもできるのはかなり大きいと思うんですよね。

粒度調整機能が高い+微粉少なそう

ってのが個人的に気になるポイントです。

GrinderGCは、縦回転で回しやすく、力が伝わりやすいのが特徴です。

縦回転のミルって珍しいし、確かに横回転より回しやすいと思うんですよね。

土台もしっかりしていて、Zproやコマンダンテより回す力は少なくて済みそうです。

ちなみに、イギリス生まれと書いてありますが香港製です。つまりメイドインチャイナです。

まとめると……

  • 58ミクロンごとの調整機能
  • 微粉が少なそうな気がする
  • 縦回転で回す力が少なくて済みそう

というのが欲しい理由です。

全部「そう」じゃねぇか!という突っ込みはともかく……うーん欲しいな

逆にいまいちなポイントは……

値段が定価30000円、Makuakeでの早割で22500円です。

30000円だと、ほぼほぼコマンダンテが買える値段になります。

ならコマンダンテでよくね?

そして、単純な筒形でコンパクトなZproやコマンダンテに対して、このROK Grinder GCは変な形をしています。

もっとストレートにいうと、デカい重い持ち運びにくい

という難点が。

コマンダンテが30~40gまで挽けるのに対し、デカいし持ち運びにくいくせに20gまでしか挽けません。

そして重さ。

コマンダンテやZproが600g台に対して、ROK Grinder GCは貫禄の1.4㎏!

あと、海外のレビューをいくつか見てみたんですが、その他の欠点として

工作精度の問題からか、ちょっと動きが渋い個体がある、音が電動ミル並みにうるさい(電動ミルに近い騒音レベル?75デシベルという情報有)、挽いている最中に豆がホッパーからジャンプしてくる粗挽きのレベルがひくい粗挽きだと刃が緩みがちになるなどがありました。

ただし、エスプレッソ用の極細挽きの品質と速さについてはどのレビューでも称賛されていました。

このことから考えると

ROK Grinder GCは、Zproやコマンダンテと比較しなくても、ドリップのような粗挽きよりもエスプレッソのような極細挽きに最適化されたコーヒーミルのようです。

うん、なんか調べてたら物欲が収まったわ!(タイトル詐欺)