名古屋市北区の珈琲豆店「PANDA COFFEE ROASTERS」を紹介します!

in-post-ads

というわけで、名古屋市北区にある「PANDA COFFEE ROASTERS」さんへお伺いしてきたました。

以前紹介させてもらった、「豆一徹」さんのすぐ近くにあるお店です。(お店から帰宅するときになって気づいた……)

駐車場はお店の前に3台分あります。

となりに「美容院」があるのですが、そこの駐車場とは共用ではありません。つまり、合計で6台分の駐車場があるのですが、「PANDA COFFEE ROASTERS」さんに行くときに使えるのは「PANDA COFFEE ROASTERS」さん側の3台のみです。

合計6台分の駐車場があるが、とめていいのはPANDA COFFEE ROASTERS側のみ

というわけで、お店に入りますと、珈琲豆の入ったショーケースがあります。

ストレートを中心にやや深煎り(シティロースト)と深煎り(フレンチロースト)で、ストレート各8種類+深煎りにカフェインレスが1種類、ブレンドが2種類あります。

珈琲豆の種類は随時入れ替わるそうです。

今回は、インドネシア、LCFマンデリンを購入させていただきました。

ちなみに公式サイトには、

究極のマンデリンと呼ぶに相応しいマンデリンの最高峰です。独特のマンデリンフレーバーとどっしりとしたコクは、ハマること間違いありません。

LCFは、僕たちの生豆を買い付けるグループの名前。世界でも指折りの高品質のコーヒーを扱うバイヤーとして知られています。

そのLCFという名前を冠につけたマンデリン、何だか畏れ多い気がして、いままでリントンマンデリンという名前で販売していましたが、オープンから丸3年経ち、パンダも成長したということで、LCFマンデリンの名前で販売します。

その名にふさわしい、本当に高品質なマンデリンです。マンデリンファンの方もそうでない方にも、ぜひとも味わっていただきたい逸品です。

とあります。

ちなみに、LCFというのは、リーディングコーヒーファミリー(Leading Coffee Family)の略です。堀口俊英さんという有名な人が主導しているグループで、愛知県では、名東区の一社にあるCoffeeKajitaもLCFグループのようです。

グループとしては、他にカフェバッハの人がやっているバッハグループだったり、珈琲の味方塾というのもあるようです。

豆の表面を見る限り、フレンチローストといっても表面に油が浮いたりとかするほどでもない感じです。

飲んでみた感じとしては、「おいしいです」

……あんまりふざけずに真面目にやります。

フレンチローストと聞くと、焦げ臭かったり、苦かったりといった印象を思い浮かべる人もいるかと思いますが、このLCFマンデリンはそういうのとは違ってて、焦げ臭くなくて、飲みやすくて、おいしいです。

そういうわけで、名古屋市北区のPANDA COFFEE ROASTERSさん、個人的にはかなり気に入っています。

それにしても、北区ばっかりおいしい珈琲豆屋さんあってずるいなぁ……。

店舗データ

店名:PANDA COFFEE ROASTERS
住所:愛知県名古屋市北区若鶴町235 パークサイド小川1F
電話:052-903-7073
時間:10:00-18:00(豆売)12:00-17:30(イートイン)(イートインについては営業不定、豆売を優先)
休日:毎月15日、毎週水曜日木曜日
駐車場:店舗前3台
公式サイトURL:http://pandacoffee.com/
最寄駅:名古屋市営バス「如意車庫前」徒歩5分
コーヒー以外のメニュー:サンドイッチとか
抽出方式:ドリップ
エスプレッソメニュー:無
カフェインレスコーヒー:有
豆売り:有

※情報は記事執筆時点