食べるコーヒーが日本初上陸しそう【コーヒーピクセル/CoffeePixels】

in-post-ads

クラウドファンディングサイトMakuakeにて、食べるコーヒー/コーヒーピクセルのクラウドファンディングが行われています。

コーヒーは飲むから食べるへ。食べるコーヒー「コーヒーピクセル」ラトビアから初上陸

ちなみに、そのラトビアのコーヒーピクセル本家本元のサイトは以下です。

https://coffeepixels.com/

このコーヒーピクセルがどんなものかというと

コーヒーピクセルは、数種類のコーヒー豆を混ぜ合わせ、そこにココアバターなどの材料を合わせて小さいバーの形にしたもので、強めのコーヒーの味がします。また、1杯のエスプレッソコーヒーと同量のカフェインが含まれているので、まさにコーヒーを1杯飲んだ後のスッキリ感が得られます。

とのことです。

どう見ても単なるチョコレートじゃないか!というツッコミをしかかりましたが、とりあえず違うもののようです。

この写真や

この写真を見ると、どうみてもチョコレートじゃないか!というツッコミをしたくなるんですが、とりあえず違うもののようです。

いや、申し訳ないけど、見た目はどうみてもチョコレートだよ……。

味は2種類あります。

カスカラ(コーヒーチェリーの果皮入り)とミルクです。

ミルク味は、原材料ココアバター、コーヒー豆、スキムミルクパウダー、砂糖、ヒマラヤ塩とのことで、やっぱりチョコレートなのでは……(いいかげんしつこい)

5,000円コース(税込)

コーヒーピクセル×5個&ミルクコーヒーピクセル×5個

って高い!

1個あたり500円だよ、これ。

コーヒーが買えないとき、飲めないときにも、この製品があれば気軽にコーヒーを摂取できます。

コーヒーを買ってきたほうが早くて安いのでは……。

ちなみに、向こうでは、カスカラ味10個とミルク味10個のパックが35ユーロ(記事執筆時点で4494円)で売っています。

倍以上の値段になってますね……。

このような他にない商品を作っているこの会社の日本進出までを誘致したいと考えています。そのためにもその基盤のお手伝いをしたい、と考えております。

とのことですので、継続的な販路の開拓も含め、そういうことにお金を使いたい、ということなのでしょう。

というわけで、ラトビア生まれの食べるコーヒー、コーヒーピクセルのクラウドファンディングは2018年6月29日までです。

新しい物好きの人は是非この新しい試みに挑戦してみてはいかがでしょうか。