カフェバッハの田口護さんが監修したコーヒーメーカーがリアルに欲しい

in-post-ads

はい。はいじゃないが。ゆーへいです。

「質より量」でいくと決めたからには、ガンガン行きたいと思います。

ツインバード工業から、カフェバッハの田口護さんが監修した全自動コーヒーメーカーが出たらしいので、それについて書いていきたいと思います。

ちなみに今回の情報元は、

名店カフェ・バッハ田口護氏が監修する全自動コーヒーメーカーで、安い豆はどこまでおいしくなるのか?(デジモノステーション)

です。

カフェバッハって?ああ!

このブログにわざわざ来ているような人には、説明するまでもないことだと思いますが、カフェバッハは、日本の自家焙煎珈琲店界隈では、とても有名な、御三家とも言われていたこともあるらしい、東京都は南千住にある名店です。

「田口護の珈琲大全」や「田口護のスペシャルティコーヒー大全」などで、僕もすごくお世話になっています。

とくにこのブログの記事を書くときにお世話になっております。

「ここまで書いちゃっていいの?」って言いたくなるぐらいの情報量にあふれた名著です。

話がそれました。

ともかく、カフェバッハは日本の自家焙煎の先駆けであり、いろいろと貢献してきた名店です。

このコーヒーメーカーの機能について

無印良品のおかげで、最近じんわりとブームになっている全自動コーヒーメーカーです。全自動コーヒーメーカーとしては、標準的な機能がついています。機能的には、無印良品のものや、パナソニックのもの(NC-A57)と同等の機能がついていると考えてよいです。

しかし、シロカのハイエンドモデルなどのように、タイマー機能はありません。

前日夜にセットして、朝タイマーで淹れてもらう、というのも楽しいとは思うんですが、一応は電熱器をコンセントにつなぎっぱなしというのは、ちょっと怖い気もするので、案外タイマー機能がないほうがいいのかも知れません。

豆とペーパーと水をいれておけさえすれば、スイッチ一つでいいわけですし。タイマー機能付きでも、そこまでは寝る前にしておかないといけないので。

いうほどタイマー機能いらない気もしますが、タイマーが欲しい人は、無印良品かシロカの全自動コーヒーメーカーを選ぶべきでしょう。

このコーヒーメーカーが競合他機種よりも、優れている部分は、味の調整機能です。

湯温を二種類から選択可能(83度と90度)で、ミルの挽き具合も、3種類から選択可能です。

ミルの挽き具合は基本的にどの全自動コーヒーメーカーも調整できますが、湯温が調整できるものは珍しい気がします。

Smart7なら調整できますが。

究極のコーヒーメーカー。 という言葉にすると、定義はさまざまで、ある意味人によって、その形は変わってくることになると思います。 ...

あっちより湯温や抽出量の選択幅は少ないですが、こちらはミルを搭載しており、手軽さではこちらが優に上回ります。

ただし、ある意味このコーヒーメーカー最大の売りは、かっこいいデザインと、田口護氏監修という部分だと思います。

そこに魅力を感じるかどうか、というのは重要なポイントだと思います。

安いものではないので(4万円オーバー)

競合と比較して――結論

このジャンルの競合としては、

無印良品の豆から淹れるコーヒーメーカーMJ-CM1、シロカSC-111シリーズ、パナソニックNC-A56/57、といったところでしょうか。

価格帯的に、ガチライバルとなるのは、無印良品の「豆から挽けるコーヒーメーカー」です。

機能的には向こうが上(ミルの調整幅5段階、タイマー付き)ですが、ミルがよく挽けないという不具合があるらしく、若干不安です。

味としては、こっちの方が上かな、と思います。根拠としては、田口護さんが監修しているからです(笑)そんだけです。

ミルはどっちもフラットカッターのようです。抽出量はどちらも3杯です。性能・機能的には同格と言えます。価格は若干ツインバード機のほうが高いです。

多機能を優先するなら、無印良品。味を優先するならツインバードという感じだと思います。

シロカSC-111シリーズは、サーバーの素材(ガラスかステンレスか)などで多モデルに別れます。

シロカ機は、タイマー機能、ミルの粒度無段階調整機能、ステンフィルターやステンレスサーバーを選べるなど、多機能に振っています。

価格も2万円台と安いです。

多機能が魅力的に思えるなら(とくにタイマー機能)、シロカSCシリーズはとても魅力的な選択肢です。値段も安いですし。コストパフォーマンスはすごく優秀です。

デザイン性では、ツインバード機のほうがよいと思います。デザインと味で、倍近い価格を正当化できるかどうか、が選択のポイントだと思います。

パナソニックNC-A56/57は、コストパフォーマンスがすさまじく優秀です。多機能はまったくありません。ただ単にスイッチ一つでコーヒーをいれるだけの機械です。

逆に言うと、全自動コーヒーメーカーとして求められる最低限の機能を、一番安く実現した機械です。

味の調整機能が一切いらない、という前提であれば、NC-A56/57で決まりです。コストパフォーマンスは最強です。

結論としては、デザインと味という部分にすごく価値を見いだすのなら、一考の余地がある、というところでしょうか。

参照元

公式サイト(Twinbird)

名店カフェ・バッハ田口護氏が監修する全自動コーヒーメーカーで、安い豆はどこまでおいしくなるのか?(デジモノステーション)