世界最軽量の真空断熱ボトル+フレンチプレス

in-post-ads

昨日、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を呼び掛けていた、あの「スチームパンク」を作った「アルファドミンチェ」社の新商品?すごいフレンチプレスコーヒーメーカー、FLASKについて紹介しました。

スチームパンクを作ったあのメーカーが動いた!新型フレンチプレス「FLASK」がすごい!

今日もまた、Kickstarterで気になるプロジェクトを見つけたので(時系列的にはこっちが先だけど!)、ここで紹介したいと思います。

これです。

ESPRO Ultralight Travel Press| Caffeinate & Hydrate Anywhere

ちなみに、有名なニュースサイトGIGAZINEが紹介しているので、そちらへのリンクも貼っておきます。

世界最軽量&真空断熱構造でどこでもフレンチプレスのコーヒーが楽しめるコーヒーボトル「ESPRO Ultralight Travel Press」

さすがは有名サイト、僕がとくに書くこともないぐらいしっかりとした内容の記事になっています。

じゃあ、このブログでは何を書くかというと、コーヒーマニアの観点から見た、このボトルはどういうものなのか、という点に焦点を当てたいと思います。

このボトルのメリットはどこにあるのか

どこでもフレンチプレスを作れること。それから、フレンチプレスでいれたコーヒーを保温できること。ですかね。

とはいえ、他にミルとお湯が必要なので、本当にどこでもなのか、と言われると答えに窮します。

お湯が他に確保できるような状況ならば、これじゃなくても、他の抽出機材(エアロプレスやドリップ)でもいいのでは?

ドリップだと他にドリップポットが必要なので、荷物がかさばりますが、エアロプレスならそんなに変わらないでしょう。

当然ですが、おいしいコーヒーというのは「淹れたて」が肝心なので、このフレンチプレス機能を使うような状況なら、一杯ずつエアロプレスでいれてもいいのでは?

最大のメリットはかさばらず軽いこと

そうはいっても、とにかく荷物が軽く済む、というのは魅力的です。

キャンプのときならクルマ移動もあるので、そこまで神経質にならなくてもいいかとは思いますが、旅行などのときには便利だと思います。

旅行先のちょっと時間が空いた時にまとめて抽出して保温しておき、都度都度状況を見て飲み、空になればまた時間が空いたタイミングで……という感じですね。

重量210gでプレスと真空断熱ボトルが運べる

210g、というのはボトル単品なので、この見出しはちょっと過大ですね。

Kickstarterの出資呼びかけページをみると、プレス+ボトルでは296gのようです。

それでも300gを切ります。

この重量で、ミル以外のコーヒー抽出に必要な道具がそろうのは、キャンプや登山、ハイキングなどではとても重宝すると思います。

逆に言うと、街中では正直使い道がないです。

問題点はプレスであることと保温すること

これらのメリットは(重量以外)すべてデメリットに転嫁されます。

フレンチプレスは正直に言えば人を選ぶ抽出だと思います。

僕はあまり好きになれません。

カップの底に微粉がたまるのが正直言って嫌です。どうやら、別売りでペーパーフィルターを使うこともできるようですが、日本ではこの替えのペーパーフィルターの調達は困難でしょう。

保温すれば当然煮詰まるし、雑味が出る

昨日紹介したFLASKには、過抽出を防ぐためのバルブがついており、プランジャ―を押し下げると、バルブが閉じ、必要以上にコーヒーの成分が抽出されるのを防ぐようになっています。

このおかげで、長期間置いておいても雑味が出にくくなっています。

しかし、今回のこれにはそれがついていません。

よって、コーヒー粉とお湯(抽出したコーヒー)が接触しっぱなしです。

それを考えると、いくら保温できる、とはいっても長期間の保温はしたくないというのが正直なところです。

ちょっとした外出なら、家で淹れればそれで充分

ちょっとした外出――会社への出勤などであれば、家を出る前にドリップなりプレスなりサイフォンなり、お好きな手段で抽出したコーヒーを他のケータイマグにいれても十分だと思います。

とくに日本には、保温性の優れたケータイマグがいっぱいあります。

軽い分、保温性では正直?がつくESPROなので、街中ではあまり使い道がないのでは?と思います。

逆にキャンプでは、その軽量性でコンパクトさは無類の武器になるでしょう。

結論:刺さる人には最強のソリューション?

これらのことを考えると、このESPRO Travel Pressは、アウトドア派のコーヒー好きには最強クラスのソリューションといえるでしょう。

僕のように半分狂気に片足を突っ込んだようなコーヒーマニアなら、キャンプだろうがなんだろうがドリップで!といくとは思いますが、ちょっとコーヒー好き、ぐらいであれば、全然これ一本でいけます。

キャンプ、登山、ハイキング、ピクニック、野外でのコーヒー抽出と、いつでもコーヒーを飲める態勢づくり、という意味合いでは、これに勝るものはそうはないでしょう。

とはいえ、個人的には用途あわないかなーとは思います。

興味はあるんですけどね!

そんな、ESPRO Travel PressのKickstarterでの出資受付は、2018年2月16日(日)の午後4時までです!

ESPRO Ultralight Travel Press| Caffeinate & Hydrate Anywhere