海外サイトがおすすめする「東京下北沢」のコーヒーの名店8

in-post-ads

みなさん、こんにちは!

ネットサーフィン(死語)してたら、面白いサイトを見つけたので、そのなかにある一つの記事をご紹介しつつ、そこに書いてあるお店を紹介していきたいと思います。(なにがなんだか……)

海外にあるサイト、Sprudge.com(もちろん英語)のなかに、Coffee Lover’s Guideという記事がありまして、このなかでは、世界各地のコーヒーのお店を紹介してあるんですが、そのなかに、我らが日本国の記事もありましたので、それらを紹介していきたいと思います。

ちなみに、記事があったのは、今回ご紹介する、下北沢のほかに、吉祥寺と新宿です。

それらについても、今後、記事にしていきたいと思います。

では、よろしくお願いします。

そもそもSprudge.comって?

Sprudge.comは、2009年にできたアメリカのコーヒー関連のニュースサイトです。

このSprudge.comは世界各地(といっても半分くらいアメリカだけど)に特派員的な人がいて、もちろん、東京にもHengtee Limという人がいます。

今回はこの人が書いた、お店のGuideを読みつつ、そこに書いてあるお店を紹介するという形式でいきます。

今回、参考にさせてもらう記事は、

The Coffee Lover’s Guide To Shimokitazawa, Tokyo

です。

ぶっちゃけ、英語が読める人なら、そのまま読めばいいとは思うんですが、今回は自分の備忘録も兼ねて書いていきます。

また英語読むのしんどいんです……(よめないけど)。

紹介しているお店

前文で、Hengtee Limさんは、「下北沢はブティックやバー、レストラン、カフェ、専門店、エンターテイメントなどの様々な要素が合わさっている街だよ。ユニークな表現とカラフルな個性があって、地元の人々や観光客の人気が高まってるよ!」(Google翻訳と原文を見合わせながら書いてます)と言っています。

下北沢はコーヒーの多様な表現の素晴らしいスナップショットであり、このリストは、気取らない(カジュアルな)お店から、コーヒーへの執念に取りつかれたようなお店まで、歴史的なお店から、現代的なお店まで、ヒットしたものを少しだけ乗せていきます。

という感じでしょうか。

翻訳は難しいので、以後はざっくりいきます。

On the way, Coffee and Cupcakes

このお店は、コーヒーとカップケーキのお店のようですね。

見た目にも小さくてかわいらしいことがわかります。

とりあえず公式サイトを載せておきます。

http://on-the-way.jp/

店名:On the way,Coffee and cupcakes
時間:10:00-19:00
定休:火曜日
住所:東京都世田谷区北沢二丁目16-2 Aフラット 1F

このお店についてHengtee Limさんは「カップケーキが小さく、かつ、美しくディスプレイされていて、かつ、素晴らしいコーヒーのセレクションも兼ね備えています。季節のブレンドはメキシコとルワンダのブレンドだよ!」といっています(多分……)。

ちなみに、食べログのURLは、https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131802/13179728/です。評価は3.13だそうです(記事執筆当時)。

とりあえず以下、食べログに掲載されているものに関しては併記していきたいと思います。理由は探すとき自分が便利だからです。

Frankie Melbourne Espresso 

店名:フランキーメルボルンエスプレッソ
時間:10:00-20:00(金土のみ21:00まで)
定休:なし
住所:東京都世田谷区北沢二丁目12-15

公式サイトはhttp://www.frankie.jp/

なんか意識高そうなサイトですね……。

食べログはhttps://tabelog.com/tokyo/A1317/A131709/13191531/

評価は3.09です。

調べると(記事にも書いてあるんですが)、Allpress Espressoというロースターの豆を使っているようです。

Allpress Espressoの公式URLはhttps://jp.allpressespresso.com/

AllpressEspressoの公式を見ると、東京にロースターがあるようなので(他に、オーストラリアのメルボルン、シドニー、ニュージーランドのオークランド、ダニーデン、イギリスのロンドンにロースター/焙煎所があるようです)、そこで焙煎された豆のようですね。

話をこのお店と記事に戻すと、Allpressのコーヒーのほかに、オーストラリアで人気のものの素晴らしいセレクションを見つけられるよ、アンザックビスケットとか、レモンスライスとか、バナナブレッドとか、スマッシュドアボカドとかね、と書いてあります。アンザックビスケットとか、バナナブレッドが何なのかはなんとなく字面で予想はつきますが、スマッシュドアボカドって何ぞや?潰したアボカド?と思って調べてみると、潰したアボカドをトーストの上にのせて焼いて食べるらしいです、オーストラリア。

Bookends Coffee Service

店名:Bookends Coffee Service
時間:11:00-21:00
定休:なし
住所:東京都世田谷区北沢二丁目11-17

公式サイトURLはhttp://blog.livedoor.jp/vw1975/

LivedoorBlogですね。

食べログURLはhttps://tabelog.com/tokyo/A1318/A131802/13169225/

評価は、3.08(記事執筆時)です。

このお店だけ、なんか文章が短いです(笑)

それはともかく、ゆったりとしたコーヒー体験ができますよ、古いレコードを見つけることができます、と書いてあります。

ほんとにそれぐらいしか書いてないです。

それはともかく、公式サイトを見てみると、夜に古いレコードを日替わりで流して、音楽について語らう、というイベントをやっているようです。

Coffea Exlibris

なんて読むのか、一瞬迷いましたが、コフィア エクスリブリスと読むようです。

店名:Coffea Exlibris
時間:13:00-22:00
定休:金曜日
住所:東京都世田谷区代沢五丁目8-16

公式サイトURLはhttps://coffeaexlibris.shop-pro.jp/

ロゴのおかげか、微妙にオシャレな雰囲気が漂います。

食べログURLはhttps://tabelog.com/tokyo/A1318/A131802/13096416/

記事執筆時評価は、3.12。割とこの食べログの評価って誰もあてにしてない気がするので書かなくてもいいような気がしてきました(今更か)

Hengtee Limさんによると「町の専門店であり、シングルオリジンのコーヒーを紹介しています。コーヒーの冒険家、探検家、愛好家のための場所」とのこと。

実際に公式サイトのほうを見てみると、スペシャルティコーヒーのシングルオリジンを中心とした品ぞろえのようです。

また、コーヒー教室や試飲会なども行っているようで、興味のある方は是非お店のブログ(http://kettle.coffeaexlibris.shop-pro.jp/)のほうもチェックしてみてください。

Maldive

これだけだと、検索しても旅行先としてのモルディブしか出てこなくて、少し頭をひねりました。

店名:コーヒーモルディブ下北沢
時間:10:00-21:00
定休:なし
住所:世田谷区北沢二丁目14-17 セントラルビル1F

公式サイトは、https://www.rakuten.co.jp/maldive/

楽天市場ですね。ここからコーヒー豆の通販が可能です。実店舗の紹介はほとんどないので、後述の食べログ等を参考にしてください。

食べログURLは、https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131802/13059169/

記事執筆時評価は3.01です。

1984年創業の自家焙煎店です。軽く調べてみたところ、結構有名なお店のようですね。自家焙煎店のことは、local roasteryと表現しています。お店だから、home roasteryではないんですね。(自家焙煎はhome roastというらしいです、向こうでは)

オーナーである及川徹さんが、喫茶店にインスピレーションを受けて、ローストの重要性を知ったのでこういうお店を作ったよ、と解説しています。

このお店では、カフェオレゼリー(ミルク、コーヒーゼリー、水出しコーヒー、それで作った氷を組み合わせたものらしい)が有名だよ、と締めています。

Bear Pond Espresso

店名:ベアポンドエスプレッソ(Bear Pond Espresso)
時間:11:00-17:00
定休:火曜日(豆の状態によっては開店する場合もあるそうです)
住所:東京都世田谷区北沢二丁目36-12 1F

公式サイトはhttp://www.bear-pond.com/

全部英語……(読めない)

食べログURLはhttps://tabelog.com/tokyo/A1318/A131802/13093829/

記事執筆時評価は3.21

見た感じ、オシャレなコーヒースタンドといった感じのお店ですね。

Hungtim Leeさんは「このお店は下北沢で一番有名なお店だよ!映画A Film About Coffeeで有名になったKatsuyuki “Katsu” Tanakaがやっているお店なんだ!こんなお店、他にはないよ!」(ざっくり訳)といっています。

うーむ……名古屋の人間にはいまいちよくわからない感じですが、Hengtee Limさんがそういうならそうなんでしょう……。

Yanaka Coffee

店名:やなか珈琲店 下北沢店

公式サイト:http://www.yanaka-coffeeten.com/index.htm

食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131802/13116346/

えー。食べログのほうを見ればわかると思いますが、このお店はもう閉店してしまって、ないようです。

Brown’s Books & Cafe

店名:Brown’s Books & Cafe
時間:13:00-20:00
定休:カフェは週末のみ
住所:東京都世田谷区代沢5丁目32-13 5F

公式サイト:なし

Twitter:https://twitter.com/brownsbookscafe

Facebook:https://www.facebook.com/Browns-Books-Cafe-225108200843019/

食べログ:なし(発見できませんでした)

いろいろ調べても正直よくわからなかったのですが、平日は古本屋さんで、週末土日だけカフェとして開店する?みたいな感じのようです。

カフェのときは、いっぱいあるカルチャー・ヴィンテージ・ブック(つまり旧い名著ってことかな?)を読みながら、コーヒーを飲んでゆったりとできるお店のようです。

Hengtee Limさんは「本やコーヒーの世界に消えていく場所。スタッフは注意深く、客の集中力の妨げにならないように消えていきます。店内では、アコースティックギターの音楽や、ボサノバが流れているよ、集中力の妨げにならずに創造力を助けるよ。創造的な静かなスポットだね!」と書いています(ざっくり訳)

Ballon D’Essai

店名:バロンデッセ(Ballon D’Essai)
時間:
定休:月曜日
住所:東京都世田谷区北沢二丁目30-11 北沢ビル1階

公式サイト:http://ballondessai.com/

食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131802/13154482/

記事執筆時評価は3.21。

エスプレッソやカフェラテがメインのカフェのようですね。

ラテアートのワークショップやセミナーもやっているようなので、興味のある方は是非、公式サイトのほうで確認してみてください。

また、アートギャラリーも併設しているようなので、コーヒーを飲みながら鑑賞することができる……のかな?

Hengtee Limさんは、今回、わかるようなわかんないような、ちょっとカッコいいことを言っているので、引用はなしにしておきます。(翻訳できなかったともいう)

最後に

いかがでしたでしょうか。

翻訳に関してはGoogle翻訳が頼りだったので、あまり真に受けないでください(笑)

この記事を書いていて、僕自身も参考になる部分が多かったです。

ここで紹介したお店については、僕も東京へ行ったときに来訪して、レビューを上げていきたいと思います。

また、Sprudge.comのCoffee Lover’s Guideには、あと二つ、吉祥寺と新宿があるので、そちらのほうも書いていきたいと思います。

建前としては、紹介と引用なんですが、著作権的には大丈夫かな……(小声