「好きなことをして生きていく」よりも大切なこと

ライフスタイル

YouTube、というか、YouTuberが世間を賑わせていた時、YouTubeの広告には「好きなことで生きていく!」というキャッチコピーが踊っていました。

好きなことで生きていく。

うーん。理想のライフスタイル!

だって、僕らが普段していることは好きでもなんでもなく、ひたすらめんどくさくて苦痛でしかない。

好きでもなんでもないどころか嫌いなことで生きている。

社畜生活なんてもう真っ平!

ああ、好きなことだけして生きていきたい!

好きなことをして生きていく!なんて素晴らしいライフスタイルなのだろうか!…………本当に?

好きなことをして生きているYouTuberは、膨大な努力と稀な才能を積み重ねている

以前、プロゲーマーの「ときど」さんという人が書いた「東大卒プロゲーマー 論理は結局、情熱にかなわない」という本を読みました。

この本、僕は結構気に入っています。というのも、僕が前々からなんとなくぼんやりと思っていた、考えていたことを明確な形で表現されているからです。

それは、何か一つの分野で大きな成功を収めたければ、『狂気』とでもいうべき何かが必要だ、ということです。当たり前のことを当たり前にやるだけでは、結局のところ当たり前の結果しか得られない——そこを打破するためには、狂気とでもいうべき、当たり前から外れたことを突き詰める力がいるのではないか、と考えたわけです。

それを指してときどさんは『情熱』といい、自分の人生上の経験と照らし合わせて書いているわけです。この本の中で。

ときどさんは、「情熱こそが、自分を動かし、人をも動かす」と書いています。

そして彼は自分のことを「一度情熱を失って、再び情熱を抱いていきたいと望み、プロゲーマーになった」と評しています。

ある意味これって特別なことだと思うんですよね。

普通の人は、情熱を一度失ったら失いっぱなしです。そもそも——自分を動かし、人をも動かすような、熱量を持つこと、そんな情熱を抱いていること自体が、特別なことです。

情熱の芽がないところで、無理やり適合して生きていこうとしても、生ける屍になる。そう、ときどさんは書いています。

正直に言えば、羨ましいと思いました。なぜなら、そんなに高い情熱を抱いたことがないからです。情熱に浮かされ、生を燃やす快感。そんなものを味わったことがないのです。

結局のところ、それって僕だけではないと思うんですよね。

大抵の人は、情熱に浮かされ生を燃やす快感も、情熱の火を燃やしてそれを仕事にしようと頑張ることもないです。

僕がご飯を食べるためにしている仕事には、正直まったく情熱を感じることができません。むしろ、可能なら一刻も早く辞めたいとすら思ってます。それは僕だけではないはずです。

YouTubeでご飯を食べるということは大変です。

僕がこのブログを書き続けていて痛感しています。何かを表現することの難しさ。何かを完成させることの大変さ。それをコンスタントに続けること——「継続」の大変さ。

YouTubeでご飯を食べようと思ったら、もう一つ大変なことがあります。

再生数を稼ぐ。もっと言えば、他人の感情を大きく動かすこと。それが必要になります。

自分のYouTubeのホーム画面を見て貰えばわかるかと思いますが、YouTuberの皆さん、それぞれ、アイキャッチ画像やタイトルに工夫を凝らして、少しでも注目を浴びようとしています。ぶっちゃけ、煽り的な内容ばっかりです。

それだけ他人の注目を集めることというのは大変です。

動画なので再生中に離脱されると、広告が再生されなくて収入にならないので、なんとしてでも長く再生してもらおうとします。

なので、話の持っていき方ひとつにも工夫を凝らす必要があるわけです。

僕がこのブログを長年継続することができるのは、そういう「PVを稼ぐ」とか「注目を集める」と言ったことを度外視して、そのとき自分が書きたいことを書きたいように書いているからです。もちろん、色々しがらみ?もなくはないので、必ずしもその通りでにできているわけではありませんが、可能な限りそうであるようにしています。

自分の中の情熱と、他者の需要、その折り合いをしっかりつける必要があるわけで、それができるというのは、すごい努力と才能が必要なことだと思うのです。少なくとも、僕はまったくできてないので、現在進行形で。

好きなことだけして生きていくことはできない

仮に僕がYouTuberとして人気を集めて、YouTubeへの動画投稿でご飯を食べられるとしましょう。

さて、その段階から、色々とめんどくさいことを考える必要があります。

いきなり人気がなくなって、動画の再生数が伸びなくなったらどうしよう?とか、めんどくさいアンチに粘着されて、disられたりとか、炎上しないかどうか不安になったりとか、炎上したりとか。

まあそういうのがなかったとして、自営業なら、自分で税金の計算とかしないといけないんですよね、めんどくさそう。

本当に好きなことだけして生活できたらそれはそれでいいんですが、好きなことには色々とめんどくさいことが、伴ってくるのが世の中というものです。めんどくさいことをやってもらうために、人を雇えば、報酬とか人件費とか人間関係とか色々と考えないといけなくなります。

「好きなことを生きていく」よりも「好きなペースで生きていく」

「好きなことをして生きていく」ってのは、このように色々と大変です。というよりも、生活できるほどのお金をもらえるぐらい他人から評価してもらうのは大変で、がむしゃらにやっていけるほど好きなことってのはなかなか見つからないものです。

少なくとも、僕にはそれほど好きになれることはないです。

ま、正直飽きっぽいんですな。一時的にハマっていたとしても、それを継続することができない。熱しやすく冷めやすい。

僕のように飽きっぽいという人だけでなく、それほどの努力を続けられるほど好きになれること、情熱を抱ける対象を見つけられる人っていうのは少ないはずです。

さらにいうとですね。

それを生活するための、「生きていく」ための手段にしても、それを好きでい続けられるのか?ということについても考える必要があります。

僕はコーヒーが好きですし、多分死ぬまで好きですが、それを生活の糧を得るための手段にしたら、今ほど好きではいられないと思う。

例えば、カフェを開いたら、接客がめんどくさすぎて、というか苦手というか、そもそもコミュ障なので……。

好きなタイミングで、どれほどコーヒーに熱意を傾けるのかを自分で選べるからこそ、コーヒーを好きでい続けられるという部分は絶対にあります。

コーヒーは好きだし、色々と工夫すること自体は楽しいけど、生活のための手段にしてしまったら、それをし続けなければならない、となったら、今ほど楽しめないです。

あくまで自己満足の範疇だからこそ、好きだし楽しめる。

他の人はおいておいて、僕個人について考えると、人生をより良い方向に変えていく、というか、もっと楽に過ごせるようにするために必要な考え方っていうのは「好きなことをして生きていく」よりも「好きなペースで生きていく」なんじゃないかなあと。

好きなことは好きだけど、好きだから〇〇じゃないといけない、になったら好きで居続けられない。というより、苦しさというか息苦しさを覚えます。

僕にとっては、「好きなことをして生きていく」よりも断然「好きなペースで生きていく」方が気楽だし、好きです。

コメント