【Smart7のライバルなるか?】初の蒸気プレスコーヒーメーカーが出た!

in-post-ads

以前、「究極のコーヒーメーカー」として、HARIOのSmart7というコーヒーメーカーを紹介しました。

究極のコーヒーメーカー?ハリオスマート7がすごい!

湯音や湯量、抽出時間などを細かく設定できる、ドリップの味の世界を探求するのに役立つコーヒーメーカーでした。

そして、今回、そのSmart7のライバルになりえるかも知れない、抽出の各要素を細かく調整できる、味作り向けの性能として究極とも言える機種が出ました。

それが、この記事で紹介する、タイガーの蒸気プレス式コーヒーメーカー、グランエックスACQ-X020です。

公式サイトより引用

すごさを語ってみる

さて、ではまず、どう「究極のコーヒーメーカー」たりうるのか、を語ってみたいと思います。

Smart7を引き合いに出すからには、抽出の各要素を細かく設定できるのですが、今回のグランエックスでは、見覚えのない要素がありますので、まずそれから話していきたいと思います。

蒸気プレス式……?

グランエックスの抽出方法は、タイガー独自のシステム「Tiger Press」こと、蒸気プレス方式が採用されています。

公式サイトより引用

これは、シリンダーの中で、コーヒー粉をお湯に浸します。そして、浸すことでコーヒーの成分がお湯に抽出されたところで、蒸気でカップへ押し出すという……。

要するに、ほぼほぼエアロプレスですね。

フィルターは、チタンメタルメッシュフィルター。

なので、カップの底には微粉が残ります。

これが、個人的にはちょっとマイナス。(プレスのカップの底に粉が残るのがそんなに好きではない)

カスタマイズ性

というわけで、Smart7のライバルたりえる要因である、抽出条件のカスタマイズ性について書いていきます。

抽出量は、240ml(カップ2杯)~60ml(アイス用)までの間で可変です。

可変と言っても、4種類。240ml(カップ2杯)180ml(カップ1.5杯、マグカップ用?)、120ml(カップ1杯)60ml(アイスコーヒー用)でしか調整できません。

ここに関しては、Smart7が、270ml~700mlまでの間で、10ml単位で抽出量を変更できることに対して劣る部分です。

湯温は95℃90℃85℃の三種類の中から選択です。

同じく、Smart7が80℃~96℃までの範囲で、1℃単位で変更できることを考えると、だいぶ劣ります。

浸し時間は、90秒、75秒、60秒、45秒、30秒から選択できます。

これも、Smart7が1秒単位で、かつ、何回注ぐのか、そのインターバルまで設定できることを考えると、だいぶ劣ります。

Smart7が考えるもバカバカしいレベルの、設定項目を持っていることを考えると、15通りしかない、グランエックスはだいぶ劣ります。

とはいえ、実際問題、この程度で十分なのでは?という気もします。

Smart7の設定項目はちょっと多すぎです(笑)

Smart7の場合、設定が多すぎて面倒だと思ったら、オートモードを使えばいいだけなんですけどね。

欠点の話

というわけで、ここからは、何か欠点はないのか、あるとしたら何なのか、について書いていきます。

量が入れられない。

最大でも270mlとのことなので、多人数分の抽出が必要なシチュエーションでは使えません。

家族が多いとか、来客が多いとか。

もしくは、僕のように、朝に、朝食時に飲む分と、会社で飲む分、合わせて大量に抽出する、という場合にも使えません。

一杯一杯、飲むたびに入れる。自分の分、もしくは多くても二人分しか淹れない、という状況でしか使えません。

それだったら、正直、ハンドドリップでいいのでは?とすら思います。

メッシュフィルターという諸刃の剣

実質これ「エアロプレスじゃんか!」という話はしました。

で、このグランエックスには、チタンメタルメッシュフィルターが採用されています。

メタルフィルターと蒸気プレスが相まって、コーヒーのオイル分もしっかり抽出され、コクのある味になりやすいです。かつ、エアロプレスに近い性質のある蒸気プレスなので、フレンチプレスほどではなく、ドリップのようなまろやかさも持ったコーヒーになります。

そういう意味で、かなりいいシステムではあるのですが、難点はメタルメッシュフィルターという、ペーパーいらずのシステムにあります。

底の粉ががんがんたまるの、ほんとに嫌なんですよねぇ……。

お値段が……

お値段2万円ちょっとです。

あと1万円ぐらい足すと、Smart7買えます。

Smart7でいいのでは……。

タイガーさんのコーヒーメーカーは、電気式サイフォンもそうなんですが、「すごい!」でも「これにこの値段出すなら、もっといいソリューションがあるのでは……」となって、「あえてこの値段でこれを買うなら、もっと別のもの(電気式サイフォンなら、サイフォンそのものとか)を買ったほうがいいのでは」となりがちな気がします。

こだわりがあるのはわかりますが……。

実際にすごいとは思いますけど……。

総合的にみると、「ちょっと……」な点が結構散見される印象です。

人を選ぶコーヒーメーカー

このグランエックスACQ-X020は相当に「人を選ぶ」コーヒーメーカーです。

このコーヒーメーカー、最大のウリである、蒸気プレスシステム「Tiger Press」を受け入れられるか否かが、大きな分水嶺になると思います。

ペーパードリップが好きで、カスタマイズ性が高いコーヒーメーカーが欲しいなら、ハリオスマート7で決まりです。これ以外の選択肢はない、と言ってもいいでしょう。

ペーパードリップにそんなに「こだわりはない」という人でも、スマート7を選んだほうが、総合的に幸せになれる可能性は高いでしょう。

というのも、だいたいの人は、エアロプレスよりペーパードリップのほうが好みに合うでしょうから。

カスタマイズ性がいらない(もしくはもっと狭くてもいい)のなら、もっと別のコーヒーメーカーを選ぶべきでしょう。それなら、スマート7もACQ-X020も選択肢の外です。

要するに、だいたいの人には、あまりおすすめできないコーヒーメーカーです。

どんな人ならいいのか

このACQ-X020は、大抵の人には刺さらないけど、刺さる人にはとても刺さる、という製品です。(よくよく考えたら、電気式サイフォンとかもそうですね。タイガーなりに考えたうえで、この方針を進めている気がしてきました。案外、いい商売になってるのかもですね。)

自分ひとりでしか飲まなく、かつ、忙しいので手早く淹れたく、かつ、エアロプレスがとても好きな人です。

「エアロプレス使ったコーヒーメーカーが欲しいなあ……エアロプレスの味大好きだから」と普段から考えているような人には、まさに「これしかない!!」というアイテムです。

エアロプレスが大好きで、かつ、色々とコーヒーを淹れ分けたい、という人には、まさにこれしかない、これを買ってください、というレベルのコーヒーメーカーと言えるでしょう。