食べるコーヒー、コーヒーピクセル実食レビュー

in-post-ads

はい、つい先日(……といっても結構前なんですが)、クラウドファンディングの、食べるコーヒーを紹介しました。

クラウドファンディングサイトMakuakeにて、食べるコーヒー/コーヒーピクセルのクラウドファンディングが行われています。 コーヒ...

あのあと8月頃に、実際に商品が届きました。

現在は、

https://taberucoffee.jp/

で購入することができるようです。

というわけで、今回は、コーヒーピクセルの実食レビューをしていきたいと思います。

パッケージと外見

実食レビューといいつつ、パッケージの紹介からいきます。

メール便のようなもので到着しました。

開けると、アルミの保冷バッグみたいなパッケージがあり、その中に入ってました。

味は二種類。カスカラとミルクです。

パッケージ左下には、一本のコーヒーバーとそれに含まれるカフェインの量が記載されています。

ミルクが33mg、カスカラが50mgと、カスカラのほうがカフェインの量が多いようです。

賞味期限ギリギリだったり切れてたりするのは秘密

裏面には、産地などの情報が記載されています。

コーヒーピクセルそのものはラトビア産で、使用されているコーヒー豆は、エチオピア産のようです。

カスカラの原材料は、カカオバター、エチオピア産コーヒー豆、カスカラ、蔗糖、塩。

ミルクの原材料は、カカオバター、エチオピア産コーヒー豆、スキムミルクパウダー、蔗糖、塩。

なんだかインスタグラムのマークも書いてあります。インスタにあげてね、ということでしょうか。ちゃっかりしてますね。

まずはカスカラから

というわけで、カフェイン量50mgのカスカラから食べてみることにします。

カスカラ味。ダークチョコのような色合いです。。砕けてるのはご愛敬、ということで一つよろしくお願いします。

なんというか、想像を裏切られるような味ですね。というのも、上記の記事に書いたときのように、コーヒー味のチョコレートみたいな味がするのかな、と予想していたのですが、チョコレート感は皆無です。

チョコレートのなめらかさや、甘さはまったくありません。

ちょっと口の中がパサパサします。あまり好きじゃないですね、このパサパサ感は。

かなり濃厚なコーヒーの味がしますが、モカ系統の酸味は少ない感じです。若干後味に感じられるかな。

口の中で溶かして、舌の上で転がしてみると、コーヒーっぽい味はします。

なんというか、最初に食べたときの感想としては、インスタントコーヒーをそのまま口の中で食べてる感じ。

口の中が異常にパサパサするので、食べるときは別に水などの飲み物が必要です。……それなら別に缶コーヒーでいいのでは。

次はミルク

カスカラを味わった後は、カフェイン量33mgのミルクを。

ミルク味。カスカラ味に比べると、本体の色が若干明るい色になっています。

こっちは大分コーヒー味のチョコレートに寄せたような味です。最初の想像に近いかな。それでも、チョコレート感はなくて、コーヒーの味です。

カフェラテではないんですが、近い味です。カスカラに比べると、大分食べやすい。

ただ、後味はかなり濃厚なコーヒー味です。

味としては、カスカラより大分好きです。買うならこっちですかね。

カスカラよりは、口の中がパサパサする感じは少ないですが、やはり多少パサつきます。水などの飲み物があったほうがいいでしょう。

……やっぱり缶コーヒーやペットボトルコーヒーでいいのでは。

総評

食べる前に当初予想していた、コーヒー味のチョコレートという、予想を裏切られるコーヒー味でした。

とはいえ、食べるコーヒー、と銘打たれるのはなんか違うかなぁという感じです。

個人的に思ったのは、日本では売れないし、流行らないだろうな、と思いました。……そんなに美味しくもないし。

ラトビアにはないかも知れませんが、日本には缶コーヒーやペットボトルコーヒーがあり、どこででも買うことができます。

そういう事情を考えると、結局食べる際に別に飲み物が必要となるコーヒーピクセルは、だったら缶コーヒーでいいじゃん、という感じで、普及する感じは全くなさそうです。

缶コーヒーでいいじゃん!